妊婦さんにおすすめのDHAサプリ@胎児の脳の発育に良い

妊婦さんにおすすめのDHAサプリ@胎児の脳の発育に良い

EPAとDHAってどんな成分?

 

まずEPAというのは、体の中の悪玉コレステロールや中性脂肪を減らし、反対に善玉コレステロールを増やしてくれる働きがあると言われています。そのため、血液の上体をサラサラにしやすくすることが出来るとされています。私達人間の体はEPAを作り出すことができません。ですので、EPAが豊富に含まれている青魚などを積極的に食べて摂取する必要があります。

 

EPAは血栓予防の働きも強いと言われていますので、高血圧や動脈硬化などのような生活習慣病対策も期待できます。ただし、あまり摂取しすぎてしまうと、血液がさらさらになりすぎてしまって止血作用が弱くなってしまう恐れがります。また、DHAの場合は、そのまま脳まで到達することが出来るのですが、EPAは脳まで送ることができません。ですので、認知症対策に摂取をするのであれば、EPAではなくDHAを摂取するようにしましょう。

 

次にドコサヘキサエン酸が正式名称になっているDHA魚に多く含まれている不飽和脂肪酸になっています。特にイワシや鯖、マグロなどのような青魚に多いです。DHAには、脳の働きを高めたり、認知症や高脂血症、動脈硬化などのような生活習慣病予防及び改善、アレルギー体質の改善や、がん予防などのような様々な効果が期待できると言われています。さらに血液をさらさらにしてくれる働きももっちたり、眼の働きを高めてくれる働きもあるそうです。

 

脳とDHAについて、もうちょっと具体的に説明したいと思います。人間の細胞というのは、細胞膜によって覆われているのですが、これは脳の細胞も例外ではありません。そして、細胞同士を繋いで情報の伝達の役割を果たしているのが、シナプスと言われるものなのですが、このシナプスを作るための原料になっているのがDHAです。つまりDHAをたくさん供給することによって、情報の伝達がスムーズに行われるようになり、脳の働きが活発になると言われているのです。

 

よくDHAを摂取することで脳の働きを高めることが出来るという話もあるのですが、あくまでも脳に不足してしまっているDHAを供給して、脳の働きを元の状態にするという意味です。つまり、DHAを摂取すれば、元々の知能が高くなるというわけではないのです。

 

妊婦さんには、このサプリがオススメ♪ http://www.lehangaraprod.com/

 

EPAやDHAとセロトニンはどんな関係がある?

 

幸福ホルモンとも言われているセロトニンというのは、脳内神経伝達物質になっています。このセロトニンがたくさん分泌されるほど、ストレスを感じにくくなったり、幸せな気持ちになりやすくなり、精神的に安定をするようになります。最近、うつ病に対して、EPAやDHAで改善作用が期待できると言われていますし、実験でもデータが揃ってきています。EPAやDHAがどうしてうつ病などに対して改善効果が期待できるのかというと、セロトニンとの関係が考えられます。

 

セロトニンというのは、どのようにして増やすことができるようになるのかをまずはご紹介したいと思います。このセロトニンがしっかり分泌されると、メラトニンという睡眠物質を作り出すことが出来るようになります。また、メラトニンも太陽光を浴びることによって分泌量が増えるのですが、セロトニンも同じように太陽光を浴びることで分泌されやすくなっているのです。

 

逆に就寝前にスマホなどのような光を見てしまっていると、分泌が正常に行われなくなってしまいやすくなります。ですので、寝る前はテレビやスマホなどの光を見ないようにして、脳に昼夜の区別をはっきりさせてあげるようにしなくてはならないのです。そして、リズム運動をすることもとても重要になっています。

 

ウォーキングをしたり、咀嚼をするなどといった一定のリズムの運動をすることで、セロトニンを分泌しやすくすることができるようになると言われています。最近は運動をほとんどしていないという人も多いですし、あまり硬いものを食べずに、しっかり噛んでいないという人も多くなっています。これもセロトニンを十分に分泌することができていない人が多くなっている原因なのではないかという説もあります。

 

さて、このセロトニンというのは、必須アミノ酸であるトリプトファンが原料になっています。必須アミノ酸ですから、体に必要不可欠になっていますし、外部から取り込んでいかなくてはなりません。ですので、食べ物から摂取していかなくてはならないのです。最近はトリプトファンサプリメントもあるのですが、トリプトファンだけを摂取してもあまり吸収できません。

 

ちなみにDHAEPAというのは油分になっており、青魚にたくさん含まれています。最近、魚をあまり食べないという人が多くなっており、これらのEPAやDHAを十分に摂取することができている人が少ないと言われています。このEPAなどと同じオメガ三系脂肪酸が豊富に含まれている亜麻仁油エゴマ油なども最近流行になっていますよね。このようなEPADHAなどのようなオメガ3系脂肪酸を摂取することで、トリプトファンをコーティングして吸収しやすくすることが出来ると言われています。

 

セロトニンを効率よく増やすためには?

 

幸福ホルモンとしても知られているセロトニンというのは、脳内で分泌されている脳内伝達物質です。このセロトニンが十分に分泌されているのであれば、ストレスに対して強くなったり、充実感を感じるようになりやすくなると言われています。最近の研究でEPADHAが鬱病の症状を和らげる効果が期待できるということが分かってきているのですが、これはセロトニンに対して作用をもたらしやすいからだとされています。

 

セロトニンというのは、次のような方法で分泌しやすくすることができます。まずは、しっかり光を浴びることが大切です。睡眠を司っているメラトニンと同じように、光を脳が識別して、分泌の調節を行っています。ですので、夜になってから、パソコンやテレビ、スマホのように強い光を見てしまっていると、脳が正常にセロトニンを分泌しにくくなってしまいます。夜はなるべくスマホなどを見ないようにして、脳の識別を正常に行わせる必要があるのです。

 

そして、ふたつ目の方法として、ウォーキングやジョギング、一定のリズムで食べ物を噛むなどといったリズム運動をすることでセロトニンを増やすことも可能になっています。近年鬱病の症状が現れている人が多くなっているのは、運動不足になっている人が多いからなのではないかという説もあるのです。ですので、リズム運動をするようにして、セロトニンをしっかり分泌させるようにしましょう。

 

そして、このセロトニンを作り出すための原料である、必須アミノ酸のトリプトファンもしっかり摂取するようにしなくてはなりません。どれだけリズム運動をしたり、規則正しい生活をしていても、原料になっているトリプトファンが足りていないのであれば、セロトニンを作り出しにくくなってしまいます。必須アミノ酸ですから、食事から補給をする必要がありますので、トリプトファンが多く含まれている食べ物や、トリプトファンの吸収のサポートをしてくれる栄養素が含まれている食べ物をしっかり食べるようにしましょう。

 

EPAやDHAは生理痛を和らげる作用がある

 

女性というのは、基本的に毎月生理になりますが、この生理痛の痛みというのは、かなり個人差があります。あまり生理痛に悩まされていないという人もいれば、嫌になるほど痛みを感じているという人もいます。ひどい場合は、生理痛が痛すぎてしまって生活にも問題が生じてしまったり、失神してしまう人だっているほどなのです。しかしどうして、このように女性でも生理痛の痛みがここまで違ってしまっているのでしょうか?

 

この生理痛というのは、ホルモンの一つによるプロスタグランジンによって引き起こされていると言われています。このプロスタグランジンというのは、子宮を狭くしたりする働きを持っています。これによって、生理で子宮から血液を体外に排出したり、子宮内膜を剥がしているのです。体の中にはいくつも臓器があるのですが、その中で子宮の血液の循環というのは良いとはいえません。ですので、圧力を加えなくては血液を押し出すことが難しいのです。この圧力が生理痛をもたらしてしまっているのです。

 

冷え性になってしまっていたり、偏食をしている、生活習慣が不規則になってしまっているのであれば、血液の循環も悪くなってしまいますし、ホルモンバランスも乱れることになりますので、痛みもそれだけ増しやすくなってしまうのです。そうなるとプロスタグランジンの分泌も増えてしまうことになるため、ひどい生理痛に悩まされてしまいやすくなるのです。EPADHAはこのプロスタグランジンの分泌を抑えてくれる働きがあるため、生理痛の緩和が期待できると言われています。

 

EPAやDHAが薄毛や抜け毛に良いと言われる理由

 

男性で抜け毛に悩んでいる人というのは非常に多いです。元々、人間というのは気づいていないだけで、1日に毛髪が100本程度抜けてしまっているとされています。頭皮が目立つようになってしまってきたり、髪のボリュームが前よりも少なくなってしまっていると、どうしても悩んでしまうものです。このような薄毛や抜け毛にコンプレックスを感じているのでしたら、普段からEPADHAを摂取するようにした方がいいでしょう。

 

世の中には色々な育毛方法がありますし、薄毛や抜け毛対策の方法もあります。例えば、育毛剤などを使ったり、頭皮マッサージをするなどといった方法がありますよね。そして、ドラッグストアやネット通販サイトを見ると育毛グッズも沢山目にすることができます。頭皮に対して直接アプローをすることも重要であることは間違いないのですが、それ以上に重要な事があります。

 

どれだけ育毛や抜け毛予防を頭皮に施したとしても、その原因をちゃんと解消させるようにしなくては、十分に効果を発揮させることはできないのです。この原因についても考えるようにして、抜け毛予防などをしていかなくては、却って逆効果になってしまうということだってあるのです。ですから、抜け毛や薄毛の悩みがあるのであれば、まずは原因は何なのかを特定することから始めなくてはなりません。

 

この薄毛や抜け毛の原因というのは、いくつか考えられます。まず遺伝的な原因や食生活が偏っている、ストレスをためている、お酒を飲んでいたり喫煙をしているなどといった原因が考えられます。このような原因があると、血行不良を引き起こしてしまいやすくなり、頭皮に十分に血液が送られなくなってしまいます。生活習慣が乱れてしまっていると、血液中の油分などが多くなりやすくなるため、血液がどろどろの状態になってしまって、円滑に血液を送ることができなくなってしまうのです。

 

そして、頭皮や毛根が栄養不足になってしまって、髪が細くなってしまい、抜け毛などになってしまうのです。頭皮マッサージなどをして血行を促進させるという方法もあるのですが、全身で血行不良が起きてしまっていることも多いです。このような場合、頭皮の血行だけ良くすることはできないのです。

 

不妊症をEPAやDHAで改善できる?

 

不妊の症状に悩んでいるという人たちは決して少なくありません。この不妊症に対してEPADHAは有効な成分になっていますので積極的に摂取することをおすすめします。

 

現在のところ、子供を授かりたいと思っている夫婦の1割程度は不妊症になっていると言われています。この不妊症になっている原因というのは複数あるのですが、夫婦のどとらにも特に問題がないにもかかわらず妊娠をすることができないというケースや、そもそも何が原因なのかもわからないというケースも少なくありません。

 

そして、何年も不妊治療を受けているのに、全然実らなくてどんどん悩みが強くなっているという人も多いのです。不妊症から少しでも早く抜け出したくて、普段から健康食品やサプリを口にしているという人も少なくありません。

 

さて、どうして不妊症に対してEPAやDHAが有効だと言われているのかについてお話をしたいと思います。このEPADHAというのは、オメガ3系脂肪酸と言われる脂肪酸で生きる上で必要不可欠な必須脂肪酸になっています。

 

EPAやDHAというのは、卵子や精子の老化を予防してくれる働きを持っているため、不妊症の改善に有効だと言われているのです。人間というのは加齢や普段の生活などによって、色々な部分が老化してしまうものです。これは卵子や精子も例外ではないのです。

 

これまでに顕微鏡受精や体外受精に調べたことがある人であれば知っているかもしれませんが、精子や卵子の状態が悪くなってしまうと、受精する確率も下がってしまいますし、受精をするにしても順調に成長する確率も下がってしまいます。

 

さらに言えば、着床する確率も下がってしまうため妊娠する確率が下がってしまうのです。つまり、少しでも妊娠をする確率を高めたい場合、精子や卵子の状態を改善していくようにしていかなくてはならないということです。

 

そして、EPAやDHAのようなオメガ3系脂肪酸というのは、この卵子や精子の質を向上させてくれる働きが期待できるようになっているのです。この他にも、不妊症に悩んでいる人にとってメリットがあります。

 

EPAやDHAというのは、ホルモンバランスを整える働きも期待できるようになっているのです。ホルモンというのは、脂がなくては作り出すことができないのですが、脂というのは、悪い脂もあれば良い脂もあるのです。

 

大人の脳機能改善にはどの成分?

 

社会人にもなれば毎日は忙しくなるしかありません。そして、家族をもち、それなりの年齢になってくると、公私ともに責任も大きく、仕事、育児、介護など、自分の他の問題が生活の大部分を占めるようになります。それゆえに、しっかりと脳を活性化させて問題を処理しながら、一方で頭の疲れを取ることが大事です。しっかり自分をケアしないと、自分が逆にうつ症状になってしまったりすることもあるようです。脳をケアしてあげると、精神的な症状に対しても有効に作用します。

 

こうした大人の脳にオススメなのが、レシチンです。レシチンは大豆や卵黄に含まれている成分で、記憶力や集中力アップに有効な働きをします。多くの仕事やスケジュールを処理しなければならない大人としては、ぜひとも摂取しておきたい成分です。また、イチョウの葉のエキスは脳の血行を改善して、頭が回るようにしてくれます

 

ストレスが強いと感じている人は、ホスファチジルセリンを摂取すると良いでしょう。精神の安定化や抗ストレス作用があり、うつ症状の改善にも使われています。また、疲れがちな方ほどビタミンをしっかり摂取しましょう。身体的な疲れはもちろんのこと、精神的な疲労にもビタミンは影響しているのです。

 

特にビタミンB群は体の代謝を高めてくれるので、体と心にエネルギーをもたらしてくれる効果があります。代謝というのは体に取り込んだ栄養分を体内で利用できる物質に変える働きをいい、この代謝がうまくいかないとせっかく食事で取り込んだ、脳に良い成分も脳で使われないのです。よくわからない不調の場合はこのビタミンB群が効果的です。

 

まとめて手軽に、サプリでどうぞ♪ 脳サプリ徹底比較